アジアの高度人材をご紹介するスキーム

UNLOCK ASIAは、IT領域を中心に日本で不足する各領域の海外人材を提供します。

日本とアジアの間で発生しているITやその他領域の人材の需給ミスマッチに対して、現地の政府機関や大学と連携して行う
イベント開催などを通じて、最適な人材をご紹介します。

日本のIT人材の不足規模予測

本の人口減少に伴い、IT人材の供給力が低下することが予想されます。しかし、ITニーズの増加によってIT市場は拡大を続けることが見込まれるため、IT人材不足は今後ますます深刻化し、2030年には約79万人の人材不足が生じると推計されました。そのため、IT人材充足が日本企業の喫緊の課題となっています。

(出典:「経済産業省 IT人材需給推計に関するマクロモデルの構築・試算」 2016年3月)

UNLOCK ASIAが選ばれる3つの理由

アジア人材 700万人以上のデータベース

大半のITエンジニアは日本就職を希望しており、プログラミング言語に加えて多言語にわたる語学力を持っています。

即戦力であり、さらに今後の海外展開を担う人材候補にもリーチすることができます。

3つのリソースを用いた

企業様のニーズと優秀な人材の最適化

日本のITエンジニアのリソース不足に対し、アジアの人材は増加傾向にあります。UNLOCK ASIAでは、「ウェブサイト登録者データベース」
「テック系イベントの開催」「大手人材プラットフォーマーとの提携」から成る、3つの人材流入プラットフォームを構築し、より多くの人材にアクセスする事ができます。

テック系イベントを通して

優秀な人材に直接アクセス

東南アジア5ヶ国でテック系イベントを開催し、アジアのITエンジニアの人材採用支援を提供します。企業の課題やテーマに対するアイディア・ソリューションのプレゼン大会(ハッカソン)など、より優秀な人材を発掘するためのイベントを開催。またイベント内では基調講演には政府系機関や企業が登壇。日本とマレーシアの発展に向けた人材育成について、パネルディスカッションを行い、エンジニアにとって未来の選択肢をより広げられるよう、いかに貢献出来るのか日々議論しております。

大手人材プラットフォーマーと提携し

データベース数を拡張

当社グループ実施のイベント参加者データベースに加えて、アジア大手の人材プラットフォーマーとの業務提携により、700万人以上の求職者にアクセスできます。求人要件に応じて採用企業のニーズにマッチしたアジアの人材をいち早くご紹介します。

大手人材プラットフォーマーと提携し

データベース数を拡張

当社グループ実施のイベント参加者データベースに加えて、アジア大手の人材プラットフォーマーとの業務提携により、700万人以上の求職者にアクセスできます。求人要件に応じて採用企業のニーズにマッチしたアジアの人材をいち早くご紹介します。

現地の大学と提携しトップレベルの人材を直接採用

現地の大学と連携して、ITエンジニアの日本語教育も今後力を入れる予定です。現地の大学で定期的に採用イベントを
企画し、優秀なIT人材・日本語人材にリーチできる仕組みを構築します。

サービスの流れ

企業様に紹介するまでに、イベントとWebサイトを通して得られた700万人以上のデータベースを元に、ニーズに最も適した人材を分析し割り出します。
その後面接・内定に至るまで短期間でコミットできるようサポートします。